建材加工

精度の高い住宅部材を
供給できる絶対の自信

施工現場での作業環境を改善する
ゴウダが誇る先進の加工技術「プレカット工法」

施工現場での無駄を排除するために考案された「プレカット工法」は切断作業にかかる時間の無駄や粉塵、騒音被害などの住宅建築現場でのトラブルを未然に防ぐことのできる画期的な加工技術です。これによって、切断時にかかる人件費や時間を省くことができ、より正確で均一な施工を実現することができます。また、産廃処理費や材料の無駄、粉塵のない清潔な施工現場など、人と環境に優しい工法を確立させました。

プレカット工法によるメリット

  1. 1
    工期の大幅短縮
    施工現場で建材をカットする工程がなくなることで、作業時間を大幅に短縮します。
  2. 2
    施工人員削減
    建材のカットという工程がなくなることで、そのための人的コストが不要になります。
  3. 3
    材料のムダがない
    あらかじめ必要な建材を加工工場で合理的に揃えることで、現場でのミスやムダがなくなります。
  4. 4
    現場産廃費の軽減
    施工現場でのカット作業がなくなることで、廃棄物が大幅に減り、廃棄物の処理費が軽減されます。
  5. 5
    現場環境の改善(粉塵・騒音)
    建材のカット作業を事前に済ませることで、現場・近隣への悪影響を及ぼす粉塵や騒音を抑えることが可能です。

加工機械

NCルーター
全自動高周波接着機
メタルフォーミングライン
ランニングソー
中空厚物外壁加工ライン

営業品目

外壁材加工
  • パネル加工
  • 短尺・長尺コーナー加工
  • 軒裏加工など
内壁材加工
  • 野地板加工
  • 押入れベニヤ加工
  • 額縁加工
  • 出入枠加工など
メタルフォーミング材加工

ご依頼から納品までの流れ

1
お打ち合わせ
お得意先様がお求めの製品についての情報を入手することから始まります。
2
試作品完成
試作品を作成し、実際にご覧いただきます。
3
単価折衝・製品検証
製品について、そして価格についての折衝を行い、正式なご発注に向けて具体的なお話を進めます。
4
正式ご発注
単価折衝や製品検証を経て、お話がまとまり次第、正式な受注となります。
5
加工
加工の現場に対し、製品の加工についての詳細な指示書を作成し、工場はその内容にもとづいて建材の加工を行います。
6
検査・確認
加工された製品についてのチェックを行い、指示書通りのものであるかを確認します。
7
出荷・搬入
加工が完了した建材を、施工現場へ出荷、搬入いたします。